FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性と話せない男が童貞をすてた…

女性と話せない男が童貞をすてた…


藤田です。

昔はまともに女性と話せませんでした。

恥ずかしさを隠すために、ぶっきらぼうな
態度をとってしまう。

典型的なモテない男でした…

ぼくは幼少期から精神的にボロボロでした。

ナイーブといえば聞こえはいいけど、実際は
ぼく自身で落ちていった感じです。

今考えると、最大の原因が一つ思い浮かびます。

ハッキリと記憶しています。

時期は曖昧で、明確には記憶していませんが、
たしか11歳の夏の終わりだったと思います。

小学校の帰りです。

その頃のぼくは、とても感情的で、何かあると
直ぐに怒りを周囲にブチマケていました。

というと、暴れん坊のガキ大将のように聞こえる
かも知れません。

ですがそうではなく、感情的には成るけど、小心者で
泣き虫でした。

そして、そんな自分自身が大嫌いでした。

その日も、友達とのトラブルでぼくは泣きました。

女の子も見ている前で…

恥ずかしさと情けなさと、全てがイヤでした。

そこで、ぼくは学校の帰りに決心しました。

子供の安易な考えですが、その時のぼくにとっては
一大決心です。

今考えると、その決心がその後のぼくを深刻なうつ
に追い込んだと思います。

11歳の幼いぼくが決心したのは

「大人になろう」

でした。

その頃のぼくの大人のイメージは、常に冷静で
感情を外に出さず、無表情で行動する。

というイメージです。

なので、その時からぼくは感情を殺す努力を
必死でしました。

怒りの感情も、心の中にしまい込み、平常心をよそい
無表情にする。

当初はかなり困難でしたが、1年、2年と続けるうちに
自然と出来るように成しました。

これが最大の原因です

こんな幼少期から、自分の感情を押しとどめて、人の
言うことに素直に従うフリをすると、かなりのストレス
です。

今なら、「絶対ダメ」と解るのですが、当時は感情を
出さないことが正解だと確信していました。

なので、後々この性格を変えるのに本当に苦労しました。

しかも今でも、ぼくの根底には残っています。

あなたはいま、自分を無理やり抑えてませんか?

感情を溜め込んだままにしてませんか?

負の感情は、あなたをジワジワとむしばみ、
精神を食いつくす害虫のようなもの


とはいえ…

イソップ童話の1つの「王様の耳はロバの耳」の話の
ヒミツを暴露する穴は無いと思います。

本来なら、自分の中に蓄積したモヤモヤした気持ちは
全て吐き出すことが最良の方法だと思い
ます。

あなたの愚痴をただニコニコして聞いてくれる親友が居て
定期的にあなたのうっぷんを晴らすのに協力してくれる
ならそれが一番いいです。

が、中々そんな親友は居ませんよね。

居たとしても、そういう良い人は人気者で、他からも同じ
愚痴聞きのオファーなどで忙しかったりします。

なので、予定が合わなかったり、時間を共有できることが
少ないでしょう。

こういう時に、効果的なのが「ブレインダンプ」や
「マインドマップ」を使う方法です。

また、その詳しい紹介もします。

話しを戻しますが…

幼少期に自分を守るためと思って感情を抑える事が
色んな摩擦をうみました。

特に、女性と仲良く成るのが大変でした。

生涯童貞と諦めてました

女の子と仲良く成るのに時間がかかる。

仲良く成っても、いざデートに誘おうと思っても
全然誘えない。

必死でデートに誘っても、相手を喜ばせるような
トークもできない。

相手の女の子は常に退屈そうでした。

しかも、自分の気持ちを伝えられない。

そんな自分自身がイヤでキライでした。

今までに数十人にフラれています。

「え?十数人に告白できるだけスゴクない」

と思うかも知れません。

それは、色んな秘訣があります。

決してフラれる秘訣ではありません

女性と仲良く成れない、自己否定ばかりのぼく
が女性に告白できる様になった秘訣。

その結果、彼女もでき童貞もオサラバ。

数人の女性とお付き合いをして、今では
美人な奥さんと、カワイイ子供が居ます。

といっても、初めての彼女、初めてのキッス
初めてのSEXが21歳でした。

それも、周りが全てお膳立てしてくれて、後は
ゴールを決めるだけの状態を作ってくれました。

なので、自力で彼女を作ったとは言えません。

でもそれからは少しずつ変わっていけました。

その時にかなり役に立ったのが、幼少期の経験に
関係します。

ぼくは幼少期に感情を、自分の中に閉じ込めて
完全にシャットアウトしました。

その影響かは解りませんが、ある時から感情に
逆に興味を持ちました。

感情、心理、精神、マインドセット‥

そういう本を少しずつ読むようになりました。

初めは、「人を操る心理学」「Yesを言わせる秘訣」
的なノウハウ本、テクニック本を読み漁りました。

が、ぼくには全く使えませんでした。

そこから、感情や心理学の本質に興味を持つように
なっていきました。

ぼくは頭が狂っているので…

感情や精神、心理の本を20冊ほど買い漁って少しずつ
読んでいってます。

その内容をまとめた物や、システム化したものを
シェアしていきます。

また、今までにぼくが学んできた感情に関する
知識もシェアしていきます。

楽しみにしていてください。

その内容が、あなたの人生をほんの少しでも良くする
お手伝いができたら、一番の喜びです。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。