FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病の、知られざる最高のメリットとは…

うつ病の、知られざる最高のメリットとは…
デメリットしかないと思われるうつ病、
裏側に隠されたメリットを公開します。



藤田です。

うつ病にメリット?

「デメリットしか無いよ!」

「いい加減なことを言うな!」

と罵声を浴びせられるかも知れません。

実際にぼくもうつ病のデメリットをイヤって
いうほど経験しました。

し、デメリットしか無いと感じていた時期も
あります。

でもそんな中で、ぼくが体験してきた、
うつ病のメリットをあなたにシェアし
ます。

ぼくはうつ病時代が長期間ありました。

なので、

比較的安定していた時もあり、周りの目を
あざむき易かったです。

その頃のぼくにとって…

悲観的、マイナス思考、恐怖と不安…

といったぼくの性格は

モテないダメ男

と感じていました。

男性から見ても、

「あいつ精神的に弱いな」

と思われ

女性からは

「ダサい!キモイ!近寄らないで」

と思われそう。

と本気で思っていました。

なので、

「絶対にバレたくない」

と自分の弱さをひた隠しにして、常に
強がっていました。

精神的に最悪で、頭の中はマイナス単語が
グルグル回っている時もありました。

本心では、今すぐへたり込んで、三角座りで
膝と膝の間に頭を隠したい。

という心理状態の時には…

ムスッとした顔をすることで、周囲に
「不機嫌だから今は話しかけるな」
という雰囲気をかもし出していま
した。

ネガティブなうつ野郎


と思われるくらいなら、

気分家の気難しいヤツ

と思われる方が良いと本当に思って
いました。

なので、

周りからうつ病患者とは悟られずに、隠密に
ぼく自身と向き合い、一人で自分の弱さと
闘うことができました。

いま考えると、

ポジティブな面とネガティブな面があったと
感じます。

正直、

「一人で抱え込むのは辛い」

と全てを投げ出して最終手段を選択しよう、
早まった感情に支配されたこともありま
した。

全部をチャラにできる、ラクな逃げ道…

とその時は本気で考えました。

インターネットで、

煉炭(れんたん)や睡眠薬を検索して
購入を考えたり…

高層ビルや高い橋で、他人に危害を与えない
ベストスポットをリサーチしたりしたことも
ありました。

いま考えても本当に「ゾッ」とすることを
考えていた時期でした。

とはいえ、それを実行する勇気は無かって、
未遂に終わる可能性が高かった気がし
ます。

とはいえ、

当時は本気で悩んでいて、脳から完全に消去したい
記憶です。

その、

最悪の結果しか生まない間違った選択肢

を選ばなかったのは、家族と友人達の影響だと
今なら理解できます。

が、

不安と恐怖心から1人で悩むと、

「良いことが一切思い浮かばない」

「イヤな発想の連想ゲームで、負の思考の
スパイラル、相乗効果で地獄行き」

ことだけは、明確に認識できました。

最初のなんてことない、ほんの些細な悩みです。

ごく小さな不安。

それが…

ドンドン、ドンドン

ドンドン、ドンドン大きく膨れ上がります。

雪の坂道を、雪の玉が転がって大きくなる
そんなイメージです。

石ころサイズの小さな雪。

ゆっくりとコロコロ、コロコロ転がりだす。

最初は小さいのに、坂道をコロコロ転がると
野球ボールサイズに大きくなる。

もう少し転がると、サッカーボールの大きさ。

だんだん、加速もついて転がる速度もアップ
して、大きさもドンドン巨大化していき、
最後には…

直径3mほどの大きな雪の玉になって、
時速35㎞で転がっていく。

自分一人の力では止めれない、制御不能

という意味では、1人ボッチで悩むデメリット
です。

かと言って、

誰にでも、気軽に相談できる悩みではない
ですよね。

世間話的に、

「昨日、ウツっぽくなっちゃって~」

とチャラい、軽いノリで話せる内容ではない
です。

どこで話すか、

いつ話すか、

誰に話すか、

チョイスが難しいです。

友人が少しでも共感してくれたらいいです。

が、相手の反応が

「え?気持ちの問題でしょう」

なんてアッサリ塩味のようなノリで返された日には
その友人と話をする気も無くなります。

かと言って、過剰に重くとらえて

「大丈夫?病院行こう、相談しよう」

とか言われて、会うたびに

「最近、大丈夫?辛かったら言って」

と常に気を遣われて、腫物に触るように
神経質に対応されるのもシャクです。

ワガママのように聞こえるかも知れません。

が、

人生を左右する最重要事項

です。

最悪、友人の間で『うつ病キャラ』を貼られ
一緒に居づらくなる可能性も大いにあります。

人を信用できなくなるかも知れません。

疑心暗鬼で平常心を失う可能性も。

世界には自分1人と感じ、孤独感で未来に
絶望することも。

こう聞くと…

大袈裟に聞こえるかも知れません。

でも、うつ病がヒドイ時には、本当にそう思い
ます。

嘘のような過激な妄想にリアリティーを感じる
ものです。

当然、他人に理解できるはずもありません。

でも、ぼくのこの経験で…

この苦しみを味わったお陰で、友人が仕事でウツ気味
の時も、心から共感できました。

数人の女の子からも悩み相談をされました。

精神的に弱っていた時に、ぼくの過去の経験を話し
その女の子達の悩み相談を何時間も聞きました。

共感できるメリット

その辛さを、心から共感できるので、

「理解された」

と感じて、心を許して深い話もしてくれます。

奥底の辛さや苦しみです。

そうすると、さらに深い信頼関係になります。

その中の何人かと肉体関係も持って、良いおもいを
したこともあります。

あなたが女性で、男性の悩み相談を聞き、共感して
あなたの体験談を話したなら、その男性は確実に
あなたに惚れるでしょう。

最悪、ストーカー化する恐れもあるので、
気を付けて行ってください。

それほど、

強力に人の心を魅了できます

ぼくに悩み相談をしたら…

「藤田さんほどは、ヒドクないよ」

と思うみたいです。

でも、うつ病をすでに乗り越えてることに
今、平気な顔で全てを打ち明けられることに
特別な感情を抱くみたいです。

『信頼のような、尊敬のような感覚』

だと、一人の女性は言ってくれました。

ある時に、ぼくが悩み相談を受ける時の
パターンに気付きました。

相談者からの絶大な信頼を得られるパターン

ぼくが、女性といい関係になった時も使用して
いた方法です。

ぼくが発見した、『信頼構築メソッド』です。

と偉そうに言ったのですが…

実は、当時は完全に無意識です。

でも後々考えると、信頼されるパターンがあると
気付きました。

それは、たったの3ステップです。

ステップ1
悩みを聞く

ステップ2
「わかる」と理解する

ステップ3
自分の似た経験談を話す

たった、この3ステップです。

「え、これだけで?」

と思うかも知れませんが、これだけで
超強力なんです。

『信頼構築メソッド』最強パターン


最初に小さい悩みを相談されます。

それに、「あぁ、有るねそんなこと」と
理解してあげます。

「オレもこんな事あったわ」っと自分の
体験談をシェアします。

自分の体験談は、軽く短めで、相手の悩みとの
共通点を重視して話します。

そうすると、相手も

「そうそう、そうやねん」

(※大阪人なので会話は関西弁です、理解しにくい
 かも知れませんがご了承ください)

と少しテンションが上がって、さらに深い内容を
話してくれます。

聞いてる時は口を挟まず、全部の内容を聞き終わったら
同じように共感します。

そして、同じように自分の体験談をシェアして
下さい。

それに、相手も更に乗って来て、だんだんと深い
話に入っていきます。

これの繰り返しです。

少しずつ、相手の深い悩みが自然と引き出される
ので、ディープな内容になります。

相手のコアの部分。

深い深い、深層部の悩みを聞き出せたら
イチコロです。

それに共感して、あなたの体験談をシェア
するだけです。

それだけで、あなたの事を信頼し始めます。

ちなみに…

信頼構築メソッドは無差別です

年齢、性別、生まれ、地位、ステータス、能力
学力、知能指数、金融資産…

一切関係ありません。

誰でも無差別に効果があります。

以前、働いていた会社の工場で、67歳の工場長
にこのメソッドを駆使して、深い信頼を受け
ました。

最後には「おまえが次の工場長になれ!」とまで
言われるほどの熱い信頼をしてもらった経験も
あります。

中学時代の同級生が、ぼくに対しての口癖が

「おまえが言うなら間違いない」

と良く言われました。

女の子にも、かなりの効果を発揮します。

あなたが、「あの子良いな」と思う相手には、

最初に少し話します。

そして、あなたがほんの些細な、小さな悩みを
話します。

そして、「なんか悩みとかないの?」と聞いて…

後は『信頼構築メソッド』で深い悩みを聞いて
あげれば…

彼女はあなたに夢中になります。

本当に簡単です。

やれば、やるほどレベルアップできます。

まずは手始めに、後輩や部下でテストして
ください。

そして、

信頼構築メソッドと最高に相性が良いのが

『お酒』

です。

コンパで使えば、相当な威力を発揮します。

なので、騙されたと思って練習してみて
ください。

この、ぼくの『信頼構築メソッド』は実は
ぼくが購入した、ある成功者の情報商材にも
似たような内容で入っていました。

その成功者は、“現実ジャンプ”と呼んでいま
した。

それを聞いて、

「本当に使えるテクニックだ」

と確信しました。

そして、この『信頼構築メソッド』はうつ病
経験者にとても有利です。

なので、ガンガン使用して深い人間関係を
構築してください。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。