FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震度6弱の大阪の都心部の地震で9歳の女の子が亡くなる

震度6弱の大阪の都心部の地震で
9歳の女の子が亡くなる


藤田です。

2018年6月18日、朝の7時58分頃です。

大阪の都心部を震源とした震度6弱の地震が発生
しました。

電車も完全にストップしました。

高速道路も閉鎖されました。

9歳児の女の子を含む、3人が亡くなりました。

ケガ人も多数でました。

ぼくの住んでいる所もかなり揺れて、朝から
ビックリです。

情けない事に、今日一日中

「また揺れるんじゃないか」

「すぐに第二の地震がくるのでは」

「鍋に火をかけてたら、火事になるかも」

常にビクビク、ドキドキしながらの一日でした。

自分と家族の無事を喜び、感謝しないといけない…

と思いつつもドッと疲れた、
気疲れしました。

何をしていても‥

「今、揺れてる?」

「あれ、大丈夫?」

「この瞬間に地震が来たら」

と考えてばかりいて、何もマトモに手につかない
不安と恐怖につつまれていました。

最近は、感情や精神にフォーカスしているので

なぜ、恐怖心に支配されるか

その理由も少しずつ理解できるようになってきました。

この恐怖や不安という感情と『うつ病』には深層心理で
深く関係しています。

人として恐怖を感じるメカニズムと『うつ』には密接に
関わっています。

逆に言うと、恐怖のメカニズムを理解できて認識できれば
『うつ』になる理由も理解できます。

『うつ』になる理由が解れば、無意識レベルでの理由を
認識できれば、『うつ』を理解することができます。

そして、恐ろしい敵のように感じる気持ちが無くなり、
友達のように思えます。

あなたを深く理解してくれる親友のように付き合えて

実は

『あなたを守る正義の味方』

だと解ると思います。

その辺の深い話も順番に進めていきます。

全体像として、大きく3つのカテゴリーで話します。

・肉体

・感情

・精神、思考

の3つの要素です。

肉体では、食事や運動、睡眠や呼吸といった
フィジカルな面の話です。

次に

感情では、心理学や脳の話をしながら
感情のメカニズムにスポットを当てます。

感情の動きは、肉体にも精神にも大きく作用し
考え方や行動に大きな影響を与えます。

感情がぼくたちを支配している

と言っても言い過ぎではないくらいです。

その深い話をしていきます。

そして、

精神、思考では考え方やマインドセットの
話しをしていきます。

肉体、感情、精神の3つのカテゴリーの中で
土台となるのが『肉体』だと考えています。

大きな地震が発生しても、建物やビルが簡単に
倒壊しないように土台を深く打ち込みます。

基礎、と呼ばれる部分です。

高い建物ほど、基礎の鉄柱を深く深く打ち込みます。

20階建てのマンションで、基礎が50メートルだったり
基礎が無かったりすると、今回の地震が発生すると
バターンと一瞬でドミノのように倒れます。

大きな杉の木をイメージしてください。

高さが50メートル級の背の高い杉の木です。

木の根元から上を見上げてもテッペンが見えない程の
大木です。

その大きな大きな杉の木が立っていられるのも、
大地に根をしっかりと根付かせているからです。

あなたの根っこ、基礎、となるのが『肉体』

です。

という事もあり、初めは肉体重視で話を進めます。

食事法、運動、呼吸、睡眠、水分、栄養…

ぼくの実践経験を元に話します。

できるだけ実践をしやすい様に話します。

「はぁ?意味不明…」

となる事も有りかも知れません。

その場合はメッセージを頂ければ、
PDFレポート、音声、動画など
伝わりやすい媒体で提供します。

なので、気楽にメッセージ下さい。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

藤田

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。