FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本能の真逆をいく

本能の真逆をいく
動物の本能が全てを邪魔する!


藤田です。

あなたは本能のままに行動している。

というと、

「イヤ!ちゃんと論理的に行動してる」

と思いますよね。

動物的な本能といえば…

ご飯を食べる。

オシッコ、ウンチに行く。

寝る。

異性とエッチする。

敵と戦い、相手を負かす。

支配する。

こういったことが本能です。

でも、これらを見ると余計に…

「本能では行動してないよ」

と思うかも知れません。

例えば、

会社で11時頃にお腹が減っても、
昼休みになるまでランチを我慢
できる。

昼ご飯を食べて2時間後に、恐ろしい眠気
に襲われても、決して寝ない。頑張って眠さ
と戦って仕事できる。

帰宅の満員電車で、目の前にカワイイ女性が
立っていて、ムラムラっとしても絶対に女性の
お尻や胸を揉んだりしない。

「オレは本能で行動しない!」

と、あなたは断言できますよね。

そう、

だからあなたは、普通に生活できています。

もし動物の本能のままに行動すると…

9時に会社に出勤でも、寝坊して、二度寝して
ダラダラと朝ごはんを食べて、のんびり出社
する。

上司に「何時だと思ってるんだ!」と叱責されて
腹が立って、「うるさいジジイ」と言ってバキッと
殴る。

仕事もせずボーっとしてると、「ハンコください」と
パッチリ二重のロングヘアで綺麗な黒髪の、スリムなのに
胸も大きい、事務の女の子が接近してきた。

性欲を刺激され、興奮して、発情して…

我を忘れて女性に飛び掛かり、白いシャツを乱暴に引き裂き
あらわになったピンクの花柄のブラジャーを、グイッと下に
ズラして、あらわになった色白の大きな胸を、無我夢中で
揉みしだき…

と、三流の官能小説みたいになりそうなので
ストップします。

こうなると、100%会社はクビで、暴力事件になり
婦女暴行、強制わいせつ罪、公然わいせつ罪
など…

警察のお世話になって、10年以下の懲役
刑務所にぶち込まれて、自由を奪われる。

本能のまま行動すると一瞬で人生が破滅します。

あなたも絶対にこんなことはしないと思い
ます。

ですが…

ここまで極端な内容ではないまでも、
ぼくたちは本能的に行動させられて
います。

しかも、ぼくたちに解らないように…

コッソリ、ぼくたちの無意識にアクセスして
本能的な部分を、チョンチョンと刺激されて
行動させられています。

ぼくたちが認識できない方法で…

なので、あなたは

「自分で考えて行動した」

と思わされている可能性があります。

例えば…

テレビのCMで、ある大企業の炭酸飲料
です。

黒いヤツ…

平凡な男性がカワイイ女の子に、冷えた炭酸飲料を
「はい」っと手渡す。

美女は満面の笑みで「ありがとう」と言い、男性の
隣に座り、肩をよせてラブラブな雰囲気で見つめ合い
乾杯する。

というCMを見ると…

「あの炭酸飲料を飲むと、美女とラブラブ」

と意識の中にすりこまれてい行きます。

そして…

自動販売機を見ると、CMの女優さんを見ると、
男女の乾杯を見ると、赤と白の文字を見ると

脳内に無意識で思い出されて、

「あ、飲みたい」

と思います。

そして、最も驚愕するのが…

あなたは「なんとなく飲みたくなった」と感じる
ことです。

あなたは、CMに出演している女優のポスターを見た
から、炭酸飲料が飲みたくなった。

という事実には一切気付くことはありません。

あなたの脳が大企業に巧みにインプットした
サインに本能的に反応させられた


のに、あなたは「自分の判断」だと誤認させられ
ます。

当然、ぼくも同じです。

この辺の深い話は、ノーベル賞受賞者である
ダニエル・カーネマンさんの著書である
「ファースト&スロー」を要約してシェアします。

要するに、ぼくたちはテレビやCM、ニュースや雑誌に
無意識のうちに影響させられて、本能のスイッチを
ポチッと押されることで、行動させられていることが
多々あります。

だからこそ、ぼくは脳の仕組みを勉強して、本能の
仕組みを理解して認識して、動物的な本能に逆らった
行動ができるようにします。

あなたにも、その情報をシェアしていきます。

あなたが、本当にあなたが望んでいることなのか
それとも、大企業に操作されているだけなのか
認識できるように、サポートします。

なので、今回は

『本能の真逆をいく』

というマインドセットを覚えてください。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。