FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンを回避する2つのポイント

ガンを回避する2つのポイント
新潟大学教授、医学博士の安保徹先生
の思想で最重要ポイントを公開



藤田です。

ガンで死亡する人数は年々増加傾向です。

医学が進歩してる、と言われていますが
ガン患者の死亡人数は増える一方です。

あなたの周りにはガンになった人は居ますか?

抗がん剤や放射線治療の末、
髪の毛がドンドン抜け落ち
ガリガリにやせ細って

病院の閑散とした、寂しい病室のベッドの
上で、薬の副作用と激しい痛みに耐えながら
人生の最後の時を迎える。

ぼくは絶対にイヤです。

ガンになったとしても、そんな最後は
辛くて、悲しくて、やりきれないと
感じます。

あなたは想像できますか?

あなたが‥
あなたのパートナーが‥
あなたのお子さんが‥

ガン患者になる可能性はゼロでは
ないです。

「今そう言われても、そんな先のこと
わからない」

と思いますよね。

では、ガンだけでなく

人が病気になる原因はたった2つ

と聞くと無視できないと思います。

ガンだけでなく、心筋梗塞や脳卒中
風邪やインフルエンザなども…

原因はたった2つです。

とはいえ、この2つを回避したら

真夏に生ユッケや半生の豚肉を
バンバン食べても大丈夫ですか?

食中毒になりませんか?

といった事は聞かないでください。

ただ、この2つを守れていないと、
食中毒に感染する確率は、グンと急上昇
します。

なぜなら、

この2つを無視すると、あなたの身体の
防衛システムの能力が劇的に落ちるからです。

外敵から守るための自衛隊が弱体化して
敵にまんまと体内に侵入され、感染させられる
状態になります。

この2つが

健康の土台だからです。

その2つとは

『低酸素』



『低体温』

です。

もしも、あなたが低酸素、低体温の状態に
なると、あなたの身体を守護している免疫が
働きにくくなります。

あなたの身体にウィルスや雑菌が侵入しても
免疫機能が低下していると、外敵をブチ殺すこと
が出来なくなります。

例えば

日本に外国が攻めてきた時に、本来なら自衛隊が
敵に対抗して、市民の安全を守るために奮闘して
外敵を排除してくれます。

が、

その自衛隊の人数が少なく、しかも訓練不足で
敵の攻撃にアタフタして、反撃するも射撃が下手で
全く敵に当たらない。

気が付けば、東京や大阪、名古屋など大半の都市が
敵に占領されて、日本人が奴隷のように虐げられて
最悪の事態に…

というイメージです。

なぜ、低酸素と低体温がこの様な事態を招くのか
は説明しだすと深い内容になります。

ので、今回は簡単に説明します。

低酸素、低体温がドロドロ血液の原因

になります。

血液の流れが悪くなり、身体の隅々まで血液が
良き届かなくなります。

脳梗塞や心筋梗塞の確率が上がります。

と言って、

ドロドロ血液が問題ではありません。

本来ドロドロ血液は、ぼくたちが生きるための
大切な本能です。

でも、低酸素、低体温が慢性化することで、
ドロドロ血液状態が長く続くと、色んな問題
が発生します。

なので、低酸素と低体温が日常的に起こらない
ようにする必要があります。

低酸素、低体温がガン細胞を作る

低酸素で低体温が、慢性的に長時間続くと
ぼくたちの肉体はエネルギー不足におちいり
ます。

車でいうと、ガス欠状態です。

エンプティ―ランプが光っていて、
常にギリギリです。

ぼくたちの体と、車との大きな差は
「ガス欠でもわからない」という事です。

車はガス欠になると停止します。

でも、

ぼくたちはガス欠になっても止まりません。

ガス欠になる前に、禁じられた最終兵器を
使用します。

それがガン細胞です。

低酸素と低体温が続くと、ガソリン不足になり
ますが、人の生命活動を停止するわけには
いきません。

ので、

低酸素でも低体温でもガンガンとエネルギーを
作り出せるガン細胞が発生します。

お陰で、低酸素で低体温のエネルギー効率が悪い
状態でも、ガン細胞さんが頑張ってエネルギー
を大量に生産しようと奮闘します。

が、

その代償が…

という事で低酸素、低体温はデメリットが多い
ので回避する必要があります。

低酸素、低体温の最大の原因

はストレスです。

精神的ストレス、肉体的ストレス。

ストレス状態は低酸素、低体温を招きます。

色んなストレスの多い社会で生きている
ぼくたちは、自然と低酸素で低体温になり
ガンになる確率も増えているのです。

経済的なストレス。

家族とのストレス。

人間関係のストレス。

排気ガスや電磁波などの
肉体的なストレス。

超田舎の大自然の中で暮らさない限り
ストレスからは逃れなれません。

という事で、まずは日常的に

低酸素を回避

してください。

簡単な方法が、定期的に深呼吸を
することです。

ぼくたちは無意識に低酸素になりやすい
ので、時間を決めて深呼吸してください。

50分に1回の割合で、意識的に深呼吸する
だけでも大きく変わります。

タイマーを使うのも良いですし、
作業の区切りで深呼吸するのも良いと思います。

低体温を回避

低体温を改善するには、基礎代謝を上げるのが
最適です。

サーキットトレーニングがお勧めです。

が、結構ハードです。

ので、体幹トレーニングや自重トレーニングで
簡単なものから始めるのも良いと思います。

というのも、日常的には難しいですよね。

なので、第一ステップとしたら『歩く』が
良いと思います。

散歩、ウォーキングです。

腹筋と太ももの筋肉を使うので、体温を上げる
にはとても効果的です。

いつも車で行くコンビニに歩いて行く。

朝早く出て、駅まで歩いて行く。

エスカレーター禁止、階段だけを使用する。

などです。

本当に低酸素、低体温を回避するだけで
モチベーションも上がります。

幼少期のぼくのように、うつ状態だとしても
確実に改善していきます。

本来のぼくたちの身体が持つ、素晴らしい能力
をフル活用できるようになるからです。

今は、眠っているポテンシャルを引き出せる
からです。

この低酸素、低体温を意識的に回避して
あなたの本来のパワーを発揮してい
病気もガンも排除してください。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。