FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪なうつ病から立ち上がり一歩目を踏み出す

最悪なうつ病から立ち上がり一歩目を踏み出す
あなたが現状を「変えたい」と思うなら
最強の方法をシェアします。最強の方法です。


藤田です。

最低最悪なうつ状態から立ち直った
決定的な要因。

ぼくがこの影響を受けること無く
現在の年齢になっていたなら、全く真逆の
状況だと思います。

うつも悪化し、常に否定的にマイナス思考。

生きる希望も見失い、最悪の場合は自分自身で
命を絶つ決断をするかも知れません。

正直あのままの思考では、遅かれ早かれ短絡的
な選択をしたでしょう。

まぁぼくの事だから、最後の最後で勇気が出ずに
全て未遂で終わることも考えられますが…

ただ、今よりも良い状態をイメージすることは
難しいです。

下手すると、

精神科病院で抗うつ剤の薬漬け

で、再起不可能なパターンになっているとも
考えられます。

どの最悪などちらでもなく、本当に恵まれた
日常を過ごしています。

それだけ、ぼくを劇的に変えて、最悪な道から
方向修正させてくれたものは…

現在では、入手困難な物かも知れませんが
ぼくが多大に影響を受けた人。

ダウンタウンの松本人志さんです。

子供の頃からまっちゃんが好きで、一瞬でも
見逃さないように、必死で見ていました。

ダウンタウンの「ごっつええ感じ」はあの時の
一番の楽しみでした。

大好物のハンバーグよりも

夢中になったアニメよりも

好意をもっている女子よりも

最大の楽しみでした。

まさに娯楽でした。

そんな時…

「あの松本人志がドラマをする!?」

と聞いて半信半疑でした。

今でこそ、映画を撮ったりしているので
「ドラマくらい当然じゃない?」と思うかも
知れません。

が、当時では考えられませんでした。

でも、ぼくは松本教の熱心な信者としては
絶対に見逃せないと、新聞のテレビ欄を欠かさず
チェックしていました。

当時は、ぼくの家は『ビデオ録画』なんてハイカラ
な最新機器はありませんでした。

なので、

「リアルタイムを見逃すと二度と見れない」
と思っていました。

絶対に見逃したくない、死んでも見逃すわけ
にはいかない。

と本気で思っていました。

まぁ、今では簡単にレンタルできて、いつでも
見ることが出来る時代になりましたが。

当時はマジで必死でした。

それが

伝説の教師

という学園物のドラマです。

今見てもぶっ飛んだドラマで、素晴らしい作品
だと思います。

伝説の教師というドラマの中で、伝説の教師である
南波次郎役のまっちゃんのセリフが、ぼくに衝撃を
受けました。

身体全身に電気ショックを受けた感じです
古い言い回しですが。

ぼくにとっては、色んな名言がありますが、その中で
最も影響を受けたのが

『人生はつまらんもんや
だからこそ、楽しまなあかんねや』

ドラマの1つのセリフであり、南波次郎が
言っている形にはなっています。

が、ぼくには「まっちゃんが言ってる」と
感じられました。

あんなに面白いコントをドンドン作り込んで、
人を大爆笑させているダウンタウンのまっちゃんが、
「人生はつまらん」って言ってる。
「だからこそ楽しめ」と言ってる。

人生を楽しむか楽しまないかは自分次第

と本気で思いました。

人生が楽しくないのは、楽しもうとしてないから
で、もし楽しくないなら「どうやったら楽しめるか」
を考えろ。

と言われました。

実際にまっちゃんから直接いわれた訳ではないです
が、ぼくにはそう思えました。

ぼくが崇拝する「松本人志さん」がそう言っている
なら…

という事がキッカケで、どんな状況でも
「どうやったら楽しめるか」を考える習慣を
少しずつ付けて行きました。

そうすると不思議なもので、

今まで全く楽しくない事でも、つまらない事でも
楽しみ方が見つかるようになりました。

周りから冷やかされる恥ずかしい状況

臭い、キツイ、汚いヨゴレ作業

廃人寸前の老人でも出来るような単純作業

人が嫌がるような事でも「楽しみ方」を見つけて
今の状況を楽しめるようになりました。

始めは、全くそんな風には考えられません。

イヤだな、辛いな、逃げたいな…

という思考がメインで、大半を占めていました。
が何度も繰り返しているうちに、次第に上達して
様々な試練も、楽しみながら乗り越えられるように
進化していきました。

それも全ては、伝説の教師というドラマもお陰
であり、松本人志さんのお陰だと思っています。

だから、

ぜひ『伝説の教師』を見てください。

という気持ちはありますが、それがあなたにマッチ
するかは解りません。

ぼくが松本教の信者であり、教祖の言葉を受け入れ
やすい状況だった事も大きいはずです。

なのであなたは、あなたにとって影響力の強い人
の影響を受けるのが早いと思います。

あなたが信じる人、あなたが尊敬する人
あなたが「あんな風に成りたい」と思う人
から影響を受けてください。

テレビの話、ユーチューブ動画、雑誌、本
SNSなどで検索してください。

あなたを劇的に変えてくれる言葉が見つかる
と思います。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。