FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日給30万を稼ぐ男の秘訣を公開

日給30万を稼ぐ男の秘訣を公開
今からでも実践可能な、このスキルさえ
修得すれば、小さな会社の平社員でも
数倍の給料アップを約束します、が…



藤田です。

『人を動かす』真理が解る名著が
存在します。

D・カーネギーさんの
「人を動かす」という本です。

何度読んでも感銘を受けます。

が、あなたに興味が無いなら、すぐに
このページを右上の×のボタンで閉じて
ください。

少しでも興味がでたら、一文字ずつ慎重に
ゆっくりと読み進めて下さい。

そして、心に響く文章があったり、共感する
話が有ったなら、「マニア向け」の内容を読んで
ください。

そして、最終的に『人を動かす』を新品で
購入して、あなたの肉眼で何度も読むことを
推奨します。

今回は、

PART1:人を動かす三原則

2、重要感を持たせる

人間に関して熟知した、D・カーネギーさん
は、この章の冒頭に‥

人を動かす秘訣は、この世に、
たった一つしかない


と言っています。

多くの人が気付かない事実、それは

『自ら動きたくなる気持ちを起こさせること』

これが最大の秘訣です。

「これ以外に秘訣はない」と断言しています。

当然、無理ヤリ、強制的に命令して、指図して
権力で従わせて、蹂躙して服従させて、相手に
行動させることは可能です。

その一瞬だけなら。

でも、このお粗末な方法には必ず反動があり
ます。批判や反論、反対意見が多数でてくること
は目に見えてます。

人を動かすためには

相手の欲しがっているものを与える

のが唯一の方法です。

嫌々でやる気がなくても、グチを言いながらでも、
会社で労働するのは、現金が月末に給料として
あなたの銀行口座にチャリンと振り込まれるから
働いてますよね。

人は何を欲しがっているか、求めているか‥

偉大な心理学者であるフロイトによると

人間のあらゆる行動は
「性の衝動」「偉くなりたいという願望」
の二つの動機から発する。

アメリカの一流哲学者であり教育者の
ジョン・デューイ教授は

人間の持つ最も根強い衝動は
「重要人物たらんとする欲求」

だと言っています。

世間的に欲深くない人でも、必ず欲しがる
人間という生物としての欲求が

1、健康や長寿
2、食べ物
3、睡眠
4、お金、現金で購入する物
5、来世の命
6、性欲の満足
7、子供や子孫
8、自己の重要感

これらの欲求の大半は、現代では満たす
ことができます。

が、「8、自己の重要感」は難しい、これが
“偉くなりたい願望”であり“重要人物たらんと
する欲求”です。

アメリカ初代大統領であるリンカーンも
「人はだれしもお世辞を好む」と言っています。

優秀な心理学者であるウィリアム・ジェームスは
「人間の持つ性情のうちで最も強いものは、他人に
認められることを渇望する気持ちである」という。

ぼく達は、

他人に「認められたい」と渇望している

のです。

これが、ぼく達の気持ちを絶えず揺さぶる欲望
であり、何にも代え難いほど欲する潤いです。

この渇きを正しく満たし提供できる人は、極めて
稀です。それが可能な人こそが他人の心を掴んで
離さない人物です。

例えば、仕事でトラブルが発生してお客様から
大激怒だれ、クレームで社内の大問題に。

でも、あなたが機転を利かせてお客さんと話し
お客さんが納得する代替案を提示する事で、
あなたの対応の迅速さと、あなたのアイデアに
喜び、満足した。

あなたによって、お客様からもクレームを解消
して、トラブルを解決した。

あなたは「スゴイ」「偉い」「あなたのお陰だ」
「素晴らしい能力だ」と言って欲しいですよね。

逆に、誰にも何も言われず、無視されていると
「何か言えよ」と腹が立ち、怒り、不満が溜まり
ストレスになります。

そんな経験はありませんか?

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーが賞賛した
人物に実業家チャールズ・シュワッブがいる。

カーネギーはシュワッブに一日30万円以上
もの給料を支払っていた。その理由は‥

シュワッブ自信が「人を扱う名人」だからだと
言う。

その秘訣とは

私には、人の熱意を呼び起こす能力がある。
これが、私にとって何物にも代えがたい宝だ。


他人の長所伸ばすためには、誉めること、励ます
ことが何よりの方法だ。上役から叱られる事ほど
向上心を害するものはない。私は決して人を非難
しない。

人を働かせるには、激励が必要だと信じている。

だから、人を褒めることは大好きだが、けなすこと
は大嫌いだ。

気に入ったことがあれば、心から賛成し、惜しみ
なく賛辞を与える。

これが、日給30万の男の考え方です。

と言っても‥

お世辞で、機嫌を取って、褒め称えて、持ち上げ
思ってもないウソで、相手を無暗に喜ばす

とは違います。

お世辞は分別のある人には通用しない


お世辞は、浅はかで、利己的で、誠意のカケラ
もないので、通用しません。

お世辞と感嘆の言葉とは、どう違うか?

感嘆は真実であり、お世辞は真実でない。
感嘆は心から出るが、お世辞は口から出る。
感嘆は没我的で、お世辞は利己的である。
感嘆は誰からも喜ばれ、お世辞は誰からも
嫌われる。

イギリス王国ジョージ五世は、バッキンガム
宮殿の書斎に、六条の金言を掲げていた。

その一つに、

「安価な賞賛は、これを与えることなく、
また、受けることなきを期せよ」

とあった。

「安価な賞賛」とはお世辞のことです。

ある本では、お世辞の定義について

「相手の自己評価にピッタリ合うことを
言ってやること」

だと書いてある。

ぼく達は、何か問題があってそれに心を奪われ
ている以外は、たいてい自分の事ばかり考えて
暮らしている。

そこで、少し自分の事を考えるのを辞めて、
他人の長所を考えてみる。他人の長所が解れば

見え透いた安っぽいお世辞


などは使わなくて済むようになる。

とカーネギーさんは言っています。

他人の真価を認める認める努力は、普段の生活で
とても重要な心掛けです。がつい、おろそかに
してしまいがちです。

ぼくも同じですが…

ぼく達は例外なく、他人からの評価を受けたい
と強く望んでいます。深い思いやりから出る感謝
の言葉を振りまきながら日々を過ごす。

照れくさく、恥ずかしい事ですが…

これこそが、

親友をつくり、人を動かす秘訣

だとカーネギーさんは言っています。

人の心を傷つけることで相手を変えることは
絶対にできず、ただ無益です。

古い名言で‥

この道は一度しか通らない道。だから、役に
立つこと、人の為になることは今すぐやろう。

先延ばしにしたり忘れないように。この道は
二度と通らない道だから

という言葉を、鏡に貼って毎日見ていた
らしいです。

エマーソンは

「どんな人間でも、何かの点で、私より優れて
いる。私の学ぶべきものを持っている、という
点で」

自分の長所、欲求を忘れて、他人の長所を考え
れば、お世辞は全く無用になる。

嘘でない心からの賞賛を与えよう。
心から賛成し、惜しみなく賛辞を与えよう。

相手はそれを、心の奥底にしまい込んで、
一生、死ぬまで忘れないだろう。

賞賛を与えたぼく達が忘れたとしても‥
受けた相手は、いつまでも忘れずに
いつくしむだろう。

人を動かす原則2
率直で、誠実な評価を与える。

意外と簡単そうで、本当に難しいこと
です。

お世辞と賞賛は別物であり、
真逆の存在です。

しかも、ついお世辞だけを使ってしまい
心からの感嘆はできてない。

と、改めて思い知りました。

ぼくにとっても、多くの気付きが有った
話しでした。

今回の内容をマスターすれば…

日給30万…

はさすがに困難かも知れませんが、確実に
周りからの評価が上がり、自然と信用され
信頼され、尊敬され、必要不可欠な存在に
成れることは間違いありません。

異性からの評価も上がります、ので気になる
あの子から無意識のうちに注目され、彼女
からアプローチされるでしょう。

会社でも無くてはならない存在になるので
あなたに辞められてはヤバイ、と思い給料も
ジワジワと上がっていくでしょう。

そのパワーがあると実感します。

ぼくも今から実践しますので、その効果を
ここでシェアしていきます。

あなたも、実践したなら教えてください。

よろしくお願いします。

次回は、

PART1:人を動かす三原則の最後
3、人の立場に身を置く、です。

かなり興味深い内容ですので、楽しみに
待っていてください。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。