FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ皇帝と結婚した一般女性が使用した驚愕の方法とは‥

ドイツ皇帝と結婚した一般女性が
使用した驚愕の方法とは‥

一般女性が地位ある高貴な人物と結婚
誰でも確実に、あなたに関心を寄せる
最も確実で効果的な方法を暴露



藤田です。

世界的ベストセラーの作品。

世界各国で1500万部以上売り上げた
自己啓発本の元祖。

D・カーネギーさんの「人を動かす」
です。

人を動かす三原則ということで、

・盗人にも五分の理を認める
・重要感を持たせる
・人の立場に身を置く

と書いてきました。

内容を抜粋しているので、あなたが
深い興味を持ったなら、人を動かすを
新品で購入して、1ページめから一文字
も逃さず読み込むことをお勧めします。

その価値はあると断言できます。

今回は、

人に好かれる六原則
誠実な関心を寄せる

友人を作るには、わざわざ本を読んで
勉強するものでは無く、世の中で一番優れた
その道の達人のやり方を学べばいい。

その達人とは‥

普段から、道や公園で出会っている。
近づくと夢中になって好意を示し、何かの
魂胆があって、愛情表現をするわけでは
ない。

保険や新聞、家や土地を売り付けたり、
結婚詐欺を働こうなって下心は微塵もない。

何の労働もせず生きていける動物は
犬だけだ。


鶏は卵を産み、牛は乳を出し、カナリヤ
は歌をかなでる。

犬は愛情を人に捧げるだけで生きて
いける。

カーネギーが5歳の時、父が黄色い子犬を
5セントで購入してきた。その子犬の存在は
幼少期のカーネギーには何物にも代えがたい
喜びであり、光明だった。

子犬は午後4時半頃になると、決まって庭に
座り込み、澄んだ美しい瞳で眺めてくる。

銀の食器を抱える姿を発見すると、喜びで
駆けつけ、跳ねまわり、シッポを振る。

その後、5年間はかけがえのない無二の親友
だった。がある夜、3mも離れてない目の前で
落雷が直撃して、無残にも死んだ‥

この出来事は、生涯記憶から消える事が無い
ほど悲しみ、脳内に鮮明に残った。

カーネギーの愛した子犬は、心理学の本を読む
必要が無かった。

相手の関心を引こうとするよりも
相手に純粋な関心を寄せる方が、多くの
知己が得られる


と、不思議と本能的に知っていた。

友人を得る為には、相手の関心を引くより
相手に純粋な関心を寄せることが重要です。

でも巷には、他人の関心を引くために、見当
違いの努力を続け、その間違いに気づかない人
がたくさんいる。

ぼくもその中の一人ですが‥

人は、他人のことには関心を持たない。
ひたすら自分自身に関心を持っている。

朝も昼も晩も‥四六時中。

ニューヨークの電話会社で、通話の研究を
した結果から、面白い事実が判明した。

500回の通話に3990回使われた言葉

があったそうです。

一回の通話で、平均8回も口にする単語、
それが『私』という言葉です。

社員旅行や大学のサークルでの集合写真
大勢と記念撮影で、最初に探すのは誰です?

あなたに質問です。

もし、あなたが今夜死んだとして、何人の
人が葬儀に参列しますか?



あなたが相手に関心を持たないのに、どうして
相手があなたに関心を持つ理由がありますか?

単に人を感服させて関心を持たせるだけでは、
決して深い友人関係は作れません。

ウィーンの心理学者アルフレッド・アドラーは

他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生
を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑
をかける。

人間のあらゆる失敗はそういう
人たちの間から生まれる。


心理学書の中でも、興味深い、意味深い言葉
です。

ニューヨーク大学の講義で一流雑誌の編集長
だった講師の言葉で

作者が人間を好きでないなら、世間の人も
またその人の作品を読まない。

と話していました。

カーネギーは言う、こちらが関心を示せば、
どんなに忙しい人でも、注意を払ってくれるし
時間も割いてくれ、また協力もしてくれる。

人間は誰でも皆、自分を褒めてくれる者を
好くものだ。

ドイツの皇帝が第一次世界大戦に敗れた時、
世界中から最も嫌われ、憎しみ、八つ裂きに
して火あぶり、くらい憤怒の嵐の最中に‥

一人の少年が、真情と賛美に溢れた
手紙を皇帝に送った。


誰がどう思おうと、僕は陛下をいつまでも
僕の皇帝として敬愛します

と‥

皇帝は深く心を動かされ、ぜひ一度会いたい
と返事をして、少年と会うことになった。

母親に連れられた少年は皇帝と拝謁しま
すた。

後に、皇帝はその少年の母親と結婚した。

この少年は、生まれながら“人を動かす術”
を心得ていた。

友を作りたいなら、まず人の為に尽くす
ことだ。

人の為に、自分の時間と労力を捧げ、
思慮ある没我的な努力を行うことだ。


以前、友人の整体院開業に休日を割いて
手伝ったことがあります。

それから、事あるごとに相談に乗ったり
お店の運営を手助けしたり‥

いつしか友人は、ぼくに深い信頼を寄せて
くれるようになっていました。

紀元前100年、ローマの詩人パブリアス・
シラスが説いている。

我々は、自分に関心を寄せてくれる
人々に関心を寄せる。

他人に示す関心は、人間関係の他の原則と同様
に、必ず『心から』のものでなければならない
のです。

そして、あなただけの利益だけでなく、関心を
示された相手にも利益を生まなければならない。

双方の利益が必要です。

人に好かれたいのなら、本当の友情を育てない
なら、そして自分自身を益し、同時に他人をも
益したいなら‥

人に好かれる原則
誠実な関心を寄せる

ただ、関心を示す、興味があるフリをする
のではなく『誠実な』気持ちで関心を寄せる
ことで、相手も心を開いてくれる。

あなたが、

「あ!こいつ見せかけだけの関心だ!」

と「ピン」と本能的に感じるように、
あなたの目の前の相手も、同様に感じて
ウソを見破ります。

そして、警戒心を全開にして、あなたを
猜疑心の目でしか見なくなります。

ぼく自身も、本当に注意するべき内容で
改めて、己の日頃の行動を反省します。

が、これを意識して行い、自然と出来る
ように成れば、仕事でもプライベートでも
あなたに関心の無い人は存在しなくなる
でしょう。

それほど、興味深い内容です。

次回は、人に好かれる六原則の
2、笑顔を忘れない、です。

お楽しみに。

また、ご意見、と要望、感想があれば
コメントください。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。