FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太古の本能を覚醒させ、オートマチックに肉体改造する方法

太古の本能を覚醒させ、オートマチックに
肉体改造する方法


藤田です。

今回は、ぼくたちが本来持っている大昔からの力を
活性化する方法です。

あなたの本来のパワーを発揮させれば、肉体的にも
精神的にも進化できます。

そのテクニックをシェアします。

前回、理想的な身体をキープするための方法
として『水』のをしました。

ぼくたちは日々、色んなことの影響を受けます。

テレビCM、雑誌の記事、ネットのニュース
友人の言葉や家族の話し…

様々な事に、知らないうちに影響を与えられます。

その中でも最強に影響を与える事があります。

これは、

誰でも100%回避不可能

です。

そして、強力な影響力があります。

あなたの人生を左右する程です。

しかも、一生です。

あなたが、死ぬまで影響を受け続けます。

なので、あなたに最強に影響を与える
一生涯の要因との付き合いが重要です。

それは…

『あなた自身』

です。

要するに、自分との会話です。

セルフトークと呼ばれるものです。

例えば、

朝起きて最初に頭に浮かぶフレーズが

「あぁーねむい‥身体がだるい…」

という人と

「今日も一日の始まりだ!」

という人だとその一日も大きく変わります。

ちなみに、ぼくは前者になりがちです。

なので、意識して後者にする様にしています。

洗面所で顔を洗う時でも

「疲れた顔してるな」

と考えるのと

「顔を洗ってスッキリだ」

とは大きな差があるということです。

特にぼくが気にしたのが、自分の体形です。

ぼくの潜在意識には

デブ=ダメ男

という固定概念が植えつけられているので、
直ぐにマイナスなセルフトークをしてました。

「お腹がタルンタルンやな」

「シマリのない身体」

「あぁ~これはダメだ」

とお風呂場の鏡の前で、いつも思いました。

この自分との会話が全てを狂わす危険性があり
ます。

自己否定のセルフトーク

ご飯を食べてる時、テレビを寝転がって見てる時、
近所のコンビニにも車で行ったとき。

などに、更に自己否定トークを加速ます。

こんな生活だから、ブクブク太る、全然痩せない
結局なにも変わらない。

と、ぼくがぼく自身に全否定をします。

こんなことを無意識にエンドレスに繰り返すと
小さな自信なんて吹き飛びます。

自分に自信がもてず、更に否定的になり最後は

『うつ病』になる負のスパイラル

に巻き込まれます。

なので、ぼくにとっての肉体改造は『うつ状態』から
抜け出す大きな第一歩でした。

あなたにとっては、別の要因が負のスパイラル
発生させている可能性もあります。

なので、あなたにとってのメインの負の原因を追究して
あなた自身が認識する必要があります。

が、そのステップは別の機会に話します。

今回は、ぼくの肉体改造の2つ目のポイントの話です。

「藤田さん、わたしの負のスパイラルは身体じゃ無いので
 無関係じゃないですか?」

と感じるかも知れません。

ですが、今回の話はうつ改善に大きなメリットがあります。

しかもダイエットにも効果的です。

現役のお医者さんが実践し効果があり
医学系テレビ番組で推奨していた方法


です。

それは…

『オイルコーヒー』

です。

「はて?初耳です」

と思うでしょう。

でもかなりシンプルです。

コーヒー(インスタントでも可)に
ココナッツオイルを入れて飲む

ただそれだけです。

ぼくは毎朝飲んでます。

あながたもし

「コーヒー飲めません」

という人なら、紅茶でもお茶でも大丈夫
です。

大切なのは『ココナッツオイル』をいれること
です。

ポイントはよく掻き混ぜて、ココナッツオイルを
細かくする事です。

ドレッシングで油とドレッシングが分離してるタイプ
を思い浮かべて下さい、それをシェイクシェイクすると
油が細かくなって、ドレッシングと融合します。

あのイメージです。

あそこまで細かくしようと思うと、シェイカーが必要に
なります。

それは面倒なので、スプーンで過剰に混ぜれば大丈夫。

ココナッツオイルは細かければ細かい程、体内に吸収
しやすいと言っていました。

なので、ぼくは必死にグルグル、グルグル混ぜてます。

3分で完成、オイルコーヒーの作り方

ぼくの場合は、マグカップにネスカフェのインスタント
コーヒーの粉をスプーン2杯入れます。

そこに、オーガニックオリーブオイルを1杯入れます。

そして、ココナッツオイルをスプーン3杯入れます。

そこに、温めお湯(40度)を注いで、必死に混ぜます。

ココナッツオイルをスプーンで切るように混ぜます。

オイルが細かく混ざったら、4口くらいで飲み干して
完了です。

オリーブオイルを入れるのは、オリーブオイルがウンチを
出やするするらしいので入れてます。

あなたが

「ココナッツの味がダメなんです」

ということもあるかも知れません。

ココナッツオイルが望ましいのですが、どうしても
味がダメ。

という場合には代用品もあります。

基本的にはオメガ3系のオイルを摂取する必要が
あります。

ぼくたちは確実にオメガ3系の油が不足しています。

最近でこそ、スーパーにもオメガ3系のオイルが並び
売られるのが普通になりました。

ですが、それでもオメガ3系のオイルを使っている人は
ごく少数です。

しかも、オメガ3系の油には色んな特徴があります。

特に熱に弱いものが多いので、製作過程が重要です。

と、マニアックな話になりますので、また別の機会に
詳細は説明します。

今回、

大切なのはオメガ3系のオイルを使うこと

です。

・ココナッツオイル

・アマニ油

・エゴマ油

・インカ油

・牧草牛のバター

と現在は色んな種類が見つかるはずです。

オーガニックや有機農法が望ましいです。

アマニやエゴマは熱に弱いので低温圧搾製法で
作った油が良いです。

でも、こだわり過ぎるとキリが無いので手軽に
入手できるもので良いと思います。

ぼくたちが現代社会で普通に生活すると、オメガ3
を摂取することはありません。

9割はオメガ6と呼ばれるものです。

キャノーラ油、コーン油、ひまわり油、紅花油…

ぼくたちはオメガ6の取り過ぎで、バランスが崩れて
いる状態です。

そのバランスを、オメガ3系オイルを取ることで整える。

ベストのバランスは

オメガ3を2割:オメガ6が8割

1(オメガ3):4(オメガ6)

が望ましいです。

厚生労働省も推奨しています

そして、ダイエットを意識していたぼくは、もう一つ
のココナッツオイルの作用を活用しました。

それが『ケトン体』の作用です。

詳しい話は、オイルの時にします。

このオメガ3系オイルはケトン体になりやすい性質が
あります。

ケトン体とは、ザックリ説明すると…

原始時代の食料が少なく、餓死と常に背中合わせの時代
生き残るのに必要なのが、脂肪でした。

食べ物が無くなった時に、体内に蓄えた脂肪を栄養に
活動するシステムです。

その大きな役割を果たすのが『ケトン体』です。

ですが現代社会で餓死寸前になる事はほとんどありません。

なので、ケトン体が使われなくなっています。

だからと言って、ぼくたちの体は、脂肪を蓄える、という
事を辞めません。

食べれば食べるほど、体内に蓄積しようとします。

それが肥満の原因です。

なので『ケトン体』を活性化するとパワフルに脂肪燃焼を
行ってくれます。

ケトン体を最強に働かせる要因は

本能に飢餓を意識させる

ことです。

『糖質不足』です。

なので、ぼくが肉体改造を本気で取り組んでいた時期は

朝にオイルコーヒーを飲みます。

そして、朝食とランチに糖質を取らない。

ご飯、小麦製品、イモ類、砂糖類、果物は
食べない。

という生活をしていました。

あなたがもし、肉体的に危機感を感じているなら
実践してもらえれば効果があると思います。

ですが、そこまでストイックにする必要もないと
今は思ってます。

何にせよ、ぼくたちは確実にオメガ3が不足して
います。

ぼくたちの祖先、昔の日本人は恐らく新鮮な青魚などで
オメガ3を摂取していたはずです。

しかし食生活は変わり、普段の生活でオメガ3食べる
機会は激減しています。

これをきに、普段の生活にオメガ3を取り入れて
欲しいです。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。