FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつは腸と血で解消

うつは腸と血で解消
8割の日本人女性は血が…


藤田です

うつ改善での肉体改造のポイントを2つ
意識しています。

2つのポイントだけを重視すると色んなことが
簡単に考えられます。

シンプル化です。

その2は…

腸と血です。

腸内環境をキレイにする。

ウンチを毎日出す。

腸内の良い菌を増やし、悪い菌を減らす。

腸内の良い菌が喜ぶことをして、
腸内の悪い菌が嫌がることをする。

などの事です。

それと血流です。

キレイな水を飲んで、水分補給して血液の水分を
循環させる。

水分が不足すると、身体が水分不足になり、血液から
水分を補充します。

なので、血液の水分が少なく成り、ドロドロになって
血液の流れも遅くなります。

血液が流れないと、酸素や栄養素を体中に運べま
せん。

心筋梗塞や脳卒中などの確率も増大するでしょう。

なので、定期的に水分を取る必要があります。

特に女性は、確実に水不足になると色んな危険がおこり
ます。

日本の女性の8割以上が『鉄不足』状態

だと、ある本に書いていました。

速い人なら中高生から、20代、30代の多くは鉄が不足
している。

それが原因で貧血、うつ、パニック障害が起こります。

女性にとっての人生最大のイベントの一つである出産。

出産で血の栄養が枯渇します。

空っぽです。

ぼくたち男と違って、10代から毎月決まって血液が
失われます。

結構な血液が失われるみたいです。

ぼくは体験したことはありませんが。

ネット上のデータでは…

平均12歳(小学6年生)から始まる

25~38日周期で起こり、平均5日間続き
ます。

一周期での総出血量は20~140ml

これが12歳から50歳まで続きます。

との事です。

男にとっては

「へぇ~そうなんだ…」

というレベルかも知れません。

ですが、女性にとっては大切なことです。

1カ月に1回、100ml出血するとして年間で
計算すると

12カ月×100ml=1200ml

年間で1.2リットルも血が失われてます。

出血多量死

最近流行りの「ドクターX」や「コールド・ブルー」
「ブラックペアン」など

米倉涼子さん美人ですよね。

山下君もクールでカッコいい。

新垣結衣ちゃん可愛いし、戸田恵梨香さんも魅力的
です。

嵐の二宮くんはしぶすぎ。

竹内涼真くんは必死さがカワイイ。

とぼくの趣味趣向は関係ないですが…

医療系ドラマなどで…

「まずい!出血が多すぎる、輸血を!」

「大動脈から出血だ!遮断して!」

「ダメだ!出血が多すぎる…諦めよう」

みたいなシーンがあります。

ぼくたちの体に回っている血液は体重の1/13
だそうです(体系によって変わります)。

その身体を循環している血液の1/2~1/3を
失うと

『死亡』

身長150㎝の女性の標準体重が49.5㎏です。

160㎝で56.3㎏、170㎝で63.6㎏です。

最近はスリムな女性が多いから、もっと体重が軽い
気もしますが。

ちなみにぼくは細すぎるよりも、健康的な肉付きの
触った時に女性らしさがある身体、少し肉付きが良い
くらいが好きです。

まぁ興味ないと思いますが。

新垣結衣ちゃんは10代後半に体重が48㎏
とインタビューに答えてたらしいです。

なので、50㎏とします。

50㎏での循環する血液は

50㎏÷13=3.846㎏

1㎏=1リットルです。
(物質、温度、密度のなどで変化しますが)

3.9リットルとしてその1/2失えば、半分です
よね。

死んでしまいます。

3.9リットル÷2=1.95リットル

だいたい2リットル出血すると…

死亡確定

あなたの体重で計算してみて下さい。

計算を簡略化すると

あなたの体重(㎏)÷26=失血死量(リットル)

という計算です。

計算してみて下さい。

新垣結衣ちゃんは2リットル出血すると命を落とし
絶命します。

ぼくの血液を輸血してでも助けたいですが。

血液を2リットル失うと死ぬにもかかわらず、年間で
1.2リットルは確実に血が出ていきます。

新垣さんも女性なので同じように…

女性のあなたも同じように…

です。

実はこれが大きな問題です。

本来なら、出て行った分の血液を補充する必要があり
ます。

輸血できたら良いのかもしれませんが、日本は常に
血液不足で、どこでも献血を募集してるくらいです。

輸血することもできません。

欧米人の女性は、ガツガツとステーキなどの肉を食べて
いる事もあり、血液中の鉄分は多い傾向にあるみたい
です。

が、

日本人の女性は確実に『鉄不足』

らしいです。

広島大学医学部卒の藤川徳美先生。

広島でふじかわ心療内科クリニックの院長として長年
うつ病、統合失調症、パニック障害、強迫性障害、摂食障害
など様々な病気を改善したスペシャリストです。

その藤川先生の著書、うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった
に興味深い話が色々のっています。

これを読むと、血液がどれほど大切か、そして鉄分が
どんな仕事をしているか、その鉄分が無くなるとどんな
辛い症状になるか、が理解できます。

この本を読んで、ぼくが感じた事は…

「女性が、時々イライラしているのは仕方ない」

「感情的になるのは、『鉄』と関係があった」

ということです。

当然、そうでない女性もいます。

あなたは、

「わたしは大丈夫」

と思ったかもしれません。

ですが、ぼくら男より女性の方がウツで苦しむ
確率が高いことを知っておいてください。

男性は、彼女やパートナーがイライラして感情的に
罵詈雑言を浴びせてきた時に、

「はぁ?おまえが×××だろ!」

と言い返す前に、

「もしかして、鉄が足りないことで感情的に不安定
 になってるだけかも」

と少し考えてみて下さい。

そうする事で冷静になれるかもしれません。

あなたが一度大きく深呼吸して、落ち着いて、優しい
気持ちで話してください。

その後、焼き肉に行ってガツガツ食べて下さい。

タン、ハラミ、カルビ、ロース、フィレ…

いっぱい食べて鉄分を補給してください。

ここまで読んでいただき
ありがとうございました。

藤田
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。